ママのための食事宅配ナビ > ユイ > 体験レポ > 妊活中 > 幼児・キッズ

こども☆やる気がでない日のひとりランチ『鮭の豆乳チゲ弁当』。

カテゴリー:幼児・キッズ

崖っぷち妊活&高齢出産を経て、早いもので親業2年目のユイです☆


本日は、外に出たくなく集中力を維持するのも難しく、何食べようかなぁ~と食べ物の事ばかりを考えてしまう自分がいました。。

冷凍庫にストックしてある、食宅便を覗きに…。
冷凍庫からの冷気が涼しいく、食べ物を選ぶ時間って幸せです★

食宅便って?
栄養バランスの良い、リーズナブルなお弁当が特徴のサービス。
定番の『おまかせコース』の他にも、減塩食やたんぱく質制限などのケアシリーズも充実しています。おまかせコース(7食入り)は、3920円(税込)

・・・本日はこれにしよう!!と即決でした。
『鮭の豆乳チゲ弁当』。

食宅便のお惣菜はパッケージの右下を切って電子レンジで温めるようになっています。

パッケージの記載通り、700Wで3分30秒温めます。

本日のメニューは以下です。

鮭の豆乳チゲ
ベーコンといんげんの炒め煮
南瓜のそぼろあんかけ
小松菜とえのきの胡麻びたし
枝豆とポテトの塩和え

食宅便のお惣菜はすぐに食べられる状態に盛り付けられていますね。
このまま食べられるのはひとりランチや時間がない時には嬉しいです★

私の場合は定食屋さんに行った気分になるために、お皿に盛り付けなおしてから食べるのを楽しんでいます。
少しだけ外食したつもりの節約にも繋がり、ひとりでも美味しい食事を楽しめる時間になるので、この方法は案外オススメ!

色鮮やかな枝豆とポテトの塩和えから、いただきま~す。


枝豆とポテトの塩和え

茹でた枝豆とポテトを塩で和えてあるシンプルなお惣菜。
今時期ちょうど枝豆の季節なので、新鮮な枝豆が手に入ったら作りたいメニューだな。

アッサリとしていて、枝豆を食べるとやはりビールを飲みたくなってしまいました…。笑


小松菜とえのきの胡麻びたし

小松菜とエノキ、ニンジンを胡麻油で炒めて、醤油で味付けをしてゴマをたっぷり、なレシピと想像しました。
胡麻のつぶつぶが、食感のアクセントになって美味しい。

小松菜の調理はいつもお味噌汁に入れるか、お浸しにしてゴマダレをかけて食べるのどちらかになってしまう。
このお惣菜は夕飯のいいヒントになりました。


南瓜のそぼろあんかけ

これはとても好きなメニュー。
娘が南瓜を最近食べてくれなくなり、夫も南瓜が嫌いなので、ひとりの時しか食べられないお惣菜です。
鶏そぼろのあんかけと南瓜は良く合うし、冷たくても美味しくいただけそう。


鮭の豆乳チゲ

冬のメニューのイメージがあったのですが、暑い日にも辛い物もいいかと思い選びました。食べてみると、思っていたより結構辛い味付け!

娘はまだ辛い物は食べられないので、ひとりの時は辛い物が嬉しい。
美味しくいただきました。


いんげんとベーコンの炒め煮

素材が鮮やかな彩り。
いんげんのシャキシャキ感がほどよくて、角切りのベーコンは噛んでいると旨味が出てきます。

手軽に作れそうなメニューなので、夕食に出したいと思いました!

この日はご飯を炊いていなかったので、パックのお赤飯とお茶を合わせて食べました。

全く料理をする気がおきない時には本当に、食宅便のお惣菜5品があると助かります♪笑

本日も、ごちそうさまでした。
レンジで温めるだけで、あっという間に豪華な食卓(?)になるのが嬉しいです。

食宅便には和・洋・中、肉・魚料理の中から好きな7食を選んで注文できるおこのみセレクトコース』というのもあるそう。
必要な時は、家族分のお惣菜、同じものを3食ずつなど注文しても良さそうです。


ランチに食事宅配を利用するのは家事をサボっているようにも思われますが、食べながら考えるのは家族に食べさせる夕飯のメニューだったりします。
仕事と家事、子育ての両立に悩んでいる女性達は、頑張り過ぎず時にはサボることも考えていいと思います。

全てをこなせない自分を許して、時には食事宅配のような便利なサービスを利用するのもオススメです☆

母親が大変そうにしている様子は「大人って楽しくないのかな?」と子供たちの未来にも悪影響を与えてしまうような気が私はしています。
母や主婦は、家族が笑顔でいられるように、自分がハッピーな気分でいられることも大切な事だと思っています。

私はせっかく妊活を経て母親になることができたので、仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てをよくばりに楽しみたいと思っています★

食宅便の食事宅配が気になった方は上のバナーから☆
おまかせコース(7食入り)3920円(税込)
減塩食やたんぱく質制限など、4種類から選べるケアシリーズも人気です。


このサービスを体験してみました!

このページを見た人はこちらのページも見ています